2019/10«│ 2019/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/12
21:28:43
さて、今日は江戸川乱歩「明智小五郎」
aketikogoro_edogawaranpo.jpg


いやホント、西島くん出すぎ(笑)
そして視聴率男のチビノリダー、このコンビ最強ですね。

江戸川乱歩モノなのでもっと重厚なものと思ってたんですけど、完全に現代もの。
サイバーのハッカーの、めっちゃ現代もの。


配役も超豪華、話もおもしろくて前編見たらすぐ後編みたくなっちゃったほど。
おもしろかったなぁ。

この前のアガサクリスティもこのくらいのクオリティでやってほしかった。







Category:マンガ・アニメ・ゲーム・小説コメント:0│ トラックバック :--
21:23:17
週末、アガサクリスティ原作を日本ドラマがリメイクした「予告殺人」を見ました。
section-0001-0001.png


大泉洋が犯人だった「黒井戸殺し」みたいな、役名がみんなヘンテコな名前。
外人の名前を無理やりに本読みにしたような違和感。

話自体はアガサクリスティ原作ですから面白いのに、配役が残念だったんだよなぁ。
正直パッとしない。
ルビーモレノって…


名作リメイクはもっと丁寧にやってほしい。
犯人もすぐにわかったのも残念要素。







Category:テレビ・音楽・ドラマ・映画コメント:0│ トラックバック :--
21:33:01
今週末、一本だけ撮りだめしてた映画を見ました。

「鍵泥棒のメソッド」
kagidoro_sakaimasato.jpg


久々に、エンターテイメント!って感じの映画を見ました。
おもしろかった!大好きな映画の一つになりました。


半沢直樹の二人と広末の三人のやりとりの巧妙なこと。
最初から最後までおもしろくてハラハラドキドキもあって、最高に楽しめた映画でした。
娘も一緒に見たんですが、二人して大声で笑うシーンもあり、「この先どうなるの?」っていうわくわくもあり。
いい映画でした。


香川照之が記憶を取り戻すシーンからもう引き込まれっぱなしでした。
録画してたのはCMあったので途中何度も早送りして集中が途切れちゃったので、もう一回ちゃんとCMとかなしで通しで見たい、そんな映画でした。

役者もいいしお話もいい。
こういう映画を見ると一日が良い感じで終われます。







Category:テレビ・音楽・ドラマ・映画コメント:0│ トラックバック :--
22:20:14
今月はじめに札幌に行った時、娘が古本屋に行きたいというので何件か立ち寄りました。

そこで10冊購入したら〇〇%OFFみたいなのをやっていて、娘の分とあと数冊購入したら対象になるため、正直「今とっても読みたい本」というのはなかったけど、その数冊のため何か購入しなければ…と小説棚を見て回りました。

おばさん、このブログにも数回同じこと書いてますけども。
別れた元夫の家に回収できなかった愛読書が何十冊もあり、ここ数年どうしても読みたい本は買い直しをしています。

今どうしても読みたい本ではないけれど、手元に置いておきたい本…ということで今回購入したのはこちらです。


まず、新井素子先生のこれ。




そしてこれ。





おしまいの日、これは当時のおばさんにとって画期的な本でした。
主人公の日記をもとにして進む話なんですけど、読者が主人公の日記を盗み読んでいる感覚になるんですよね。
そして主人公が壊れていくさまを一緒に体験しているような。
d006895ddddd9_17435773.jpg


この、明朝体の小説の普通の本が、途中から機械ではなく本当に人間が字を塗り隠したような演出!
これは今でもページを開くと「ぞっとする」気持ちにさせてくれます。

新井素子という作家は自分も言っているけど女性心理や女性が「壊れていく様」の描写がうまい。
おばさんが新井素子をはじめて読んだのは「ひとめあなたに」でした。
そこからハマってほとんど読破しております。
星へ行く船も買いなおしたい。大好きです。



そして「ノルウェイの森」
これを知ったのは実は大っ嫌いな兄です。
兄の本棚に入っていて、手に取るとハルキワールドに引き込まれていたってやつです。


暗い話。
小説が好きだったので映画も見たけどやっぱり暗い話。

十数年ぶりに読み返したけどやっぱり暗い話。
だけど本当に一気に上下巻読破しました。


ノルウェイの森はヒロイン直子の姉・彼氏が自殺しています。
主人公が親しくしていた永沢さんの彼女も自殺。
そして直子が自殺。


人の死というものが重くのしかかる話です。
おばさんが大好きな作家の吉本ばなな先生も死を扱う作家です。

吉本ばななが死を扱う作品を書くことについていろいろ言う人が多いけれど、ノルウェイの森にも書いてましたが生と死は本当に表裏一体なのでしょうがないですよね。
人間、生まれた時から死へのカウントダウンがはじまってるんだから。




古本屋に来てすぐに数冊購入しろと言われて購入したのがこの3冊でした。
でも手元に置きたい本ってやっぱり永遠に変わらないだなぁと実感しました。
昔読んだ本をまた買いなおすって進歩がないなぁとも思うけれど、古本屋とはいえお金を出してまでも手元に置きたい本なんだなぁと。
これが回顧厨ってヤツなんでしょうね(笑)








Category:雑記帳コメント:0│ トラックバック :--
21:55:25
もう売っちゃったけど、本日キリンHDから優待届きました。
IMG_20190413_163534.jpg


お酒の優待は初めてだったのでうれしかった。
(というより、今日飲むビールがちょうどなかったので、喜び倍増www)


いつも金麦で、一番搾りなんてお金持ちの飲むものじゃない!
ドキドキしつつありがたい気持ちで一本飲みました。


ここ2年くらい、優待はほとんど金券関係にしていたので、物品はなんだかとってもうれしかった。
というか権利とってたのも忘れていたので、最初届いたときは「懸賞あたったのかな」って思ったくらい。
やっぱり物品はいいものですなぁ。







Category:下手くそ株コメント:0│ トラックバック :--
21:48:41
昨日見たドラマ、おもしろかった。

「マリオ~AIのゆくえ~」
D3sd09RU0AEUeEq.jpg


非常におもしろかったし、考えさせられるドラマでしたね。
おばさんの大好きな作家に新井素子がいますが、彼女の初期の作品「今はもういないあたしへ…」を思い出しました。


事故で亡くなった男性。
脳以外ダメージはないので、脳にAIを組み込んじゃったという話。
研究者の「実験したい」という願望が、やってはいけないことなのにやっちゃって…という感じのね。


最初おもしろくないかな~って思ってたけど、1時間30分もないドラマなのにグイグイ引き込まれました。
そして考えさせられる、作りがさすがNHK(笑)


というか、西島くんの作品を最近ものすごく見せられている感じ。
先日のメゾン・ド・ポリスもそうだし、最近始まった「きのう何食べた?」もそうだし、録画してまだ見てないけど特番ドラマの明智小五郎もそう。

おばさん、正直西島くんの顔はそんなタイプではないけど、実力のある俳優さんだとは感じています。
今回のAI役もぴったりでした。



AIもののドキュメンタリーとか見るの好き。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AI vs.教科書が読めない子どもたち [ 新井 紀子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/4/13時点)




Category:テレビ・音楽・ドラマ・映画コメント:0│ トラックバック :--
21:31:29
今週から新しい職場に移ったおばさんです。

一週間お世話になりまして感じましたことは


「ちょっとブラック臭がするなぁ」

ということです。


今いる社員やパートさんたち、社長がいないところで社長の悪口ばかり。
社長がワンマンで、しかも自分がものすごく働いているので「社員も俺と同じ、いやそれ以上に働いてくれるのが当然」って思っているフシがある。

しかも仕事と社員の数があってない。
激務すぎ、仕事とりすぎ。
それでいてワンマンンなので社員を育てるの下手すぎ。



うーん。


もう年金とか保険とかの申請もしてもらってしまったし、すぐ辞めるということはこの年でしたくないし。
おばさんは言いたいことははっきり言うタイプなので、嫌なことやハロワ以外のことを要求されたらきっぱり断るし。

事務の人は急務らしく、社長も奥さんもパソコンできず事務は立場有利らしいので嫌な要求されたら言い返す予定です。
それで文句言われたら辞めましょう。

50で正社員は厳しいけれど、嫌な仕事をストレスMAXでやっても続かん。
おばさんなので強気で行きますわ。



ああ、でもちょっと憂鬱。

いままでいた会社は給料がめちゃくちゃ安かったけど、融通が利いたしストレスなかった。
世の中うまくできてます。







Category:雑記帳コメント:0│ トラックバック :--
21:17:14
おばさん、胃カメラはやったことあるけど大腸内視鏡検査は受けたことなかった。
辛いものが好きでお酒が好き、お肉などのカロリー高いものも好きなので、友人などからは「そろそろ受けたほうがいいよ」って言われてたんですが、なかなか勇気が出なくて避けていました。

だってさ、お尻の穴から器具をいれるなんて。。。
まだこっちはバージンだっていうのに(笑)
それにかなりの苦痛だという話も聞いていたし、下血とか下痢とかもないので自覚症状もないから足が遠のいていました。


しかしながら、今の会社はもうすぐ辞めねばならず、保険証のある今のうちにやれることは全部やってみようという切羽詰まった状況に置かれ、重い腰を上げました。


せっかくなら地元ではなく札幌で。。。と思っていたので、友人からリサーチ。
白石区の病院が有名だというので電話で聞いてみました。

おばさんの要望は唯一つ。
寝ながら(横になるという意味の寝ながらではなく、睡眠薬などで完全に眠りについたまま)検査を受けられるか否か。

友人から教えてもらった病院は睡眠薬を使って眠りながらできるというし、2日かかるけど診察と検査が丁寧だというので決めました。
かなりドキドキ…



【一日目】
15時ころに病院へ。
診察では「今服用している薬はないか」ということをしつこいくらいに聞かれました。

看護婦さんから下剤をもらい、今夜から明日にかけての下剤の説明。
まず今日寝る前に下剤を一本飲みます。
今夜はおかゆや食パン1枚、素のうどんやそばなどをそれぞれ少量ずつ。
おかずは具のない味噌汁・薬味を入れない冷奴などなら食べてもいいと言われました。
具のない味噌汁て…

おばさんは結局、ドラッグストアで購入したパックのおかゆを食べました。
11時ころに就寝。



【二日目】
朝7時から2リットルの下剤スタート。
約200mlを9回前後、10分や30分のインターバルをはさんで飲みまくります。

だいたい4杯目くらいで一回目のおトイレタイム。
まだこの頃は固形が残っています。

しかし5杯目からはしだいに液体となり、6杯目7杯目になることには透明な液体に。
透明になったら途中でやめてもいいとのことでしたが、いちおう12杯まで飲みました。
残りは捨てちゃった。


そして検査です。
お尻に穴のあいたステテコみたいなのを着用、上は長めの病衣。
長めのじゃないとお尻の穴が見えちゃうよねwww


診察室で左側を下にして横になります。
右手には血圧計と右指に心電図の機械を取り付けました。

看護師さんが「それじゃあ痛み止めと睡眠薬(睡眠薬とは言わなかったかもしれない)の注射をしますね」と、左腕に注射をしました。
看護師さん「指先がしびれてきたら教えてね。この薬入ったら胸がドキドキしてくるけど心配しないで」
注射液が入ってきた途端、確かに胸がドキドキというか喉のあたりが締め付けられるような感覚に。

おばさんが「あ、本当に胸がドキドキしてきました」

これがおばさんの最後の言葉でした。




気がつくと、診察台ではない別の場所でぐーすか寝ていました。
本当に検査のことは覚えていないし、診察台からここへ運ばれたことも記憶にありません。
完全に寝落ちです。


1時間くらい経った頃、看護師さんが声をかけてくれましたがまだゾンビ状態。
「それじゃああと30分くらい休んでね」と言われ、再び目を閉じました。
でも一度覚醒してしまったので、その残りの30分は寝付けませんでした。
ただ体がだる重いって感じで。

回復室は男女混合なのかな、麻酔ありの内視鏡やった人がぞくぞくと運ばれてくるみたいで、おじさんのいびきやおばあちゃんのいびきがこだましていて、ぜんぜん眠れませんでした(笑)

再び看護師さんが来て「大丈夫?目が覚めてる?」って聞かれ、まだ休んでいてもいいと言われましたが「いえ、もう眠れないし目はぱっちり開いているので大丈夫です」と伝え、先生の診察を待ちました。


おかげさまで「異常なし、きれいです」と言われ、ポリープなどもなし。
ものすごく安心しました。
そしてそのまま会計して帰宅となりました。



本当は…車の運転NGなんです。
でもそこの病院へは車でないと行けないし、病院からいつもの泊まるところまでは車じゃないと無理なので、こっそり乗って帰りました。
もちろん超安全運転で。

でも思ったよりも頭がクリアになってて、運転は正直差し支えなかったです。
頭の中は「何食べよう」という欲望のみwwww


内視鏡検査の体験談を読むと、男性の意見で一番多かったのが「食事制限と断食」でしたね。
女性は下剤が苦しかったとのこと。

おばさん、食いしん坊だけど空腹で苦しむことはなかったです。
下剤も嫌いな味じゃなかったので、下剤で苦しむこともなかった。


でも昨夜は少量のおかゆ、今日は朝から断食で検査終わったのが16時ちょっと前だったのでお腹が空いてました。
向かった先は…

回転寿司!



しかしながら、いつもは7皿くらい余裕でいけるのに、今日はお寿司3皿とアスパラの天ぷら・お吸い物のみ。
それだけでお腹いっぱい。
下剤効果かな~



検査終わってからは、お腹のぐるぐるとガスのゴロゴロがすごくて、誰もいないところでこっそりとおならしまくっていますw
でももう下痢の症状は一切なく、ゴロゴロぐるぐるだけかな。
下血もないし、本当に検査したのかな?って思うくらい痛みもなく快適な検査でした。


異常なしだったので、今後は5年後くらいにまたやってみようと思います。
いい体験でした。
怖いと思っている人や、苦痛・恥ずかしさで検査を受けてないアラフィフさんは、麻酔や睡眠薬を使ってくれる病院を探してぜひやってみましょう。





Category:調べてみたコメント:0│ トラックバック :--
11:56:30
先ほど、新元号が発表され会社でネット中継を待ってました。

15分くらい遅れて発表。

まさかのラ行…

令和…?


singengou_reiwa_0401.jpg



なんか昭和とカブってね?
万葉集32首から引用?

なぁんだかなぁ~


和の字、やめればよかったのに。
で、Rでいいの?Lじゃないよね?
令って言う字、意外と書きにくい、というか書いて決まらない字なんだよなぁ。


5月から令和元年かぁ。
元号2つもまたいでるなぁ。





Category:雑記帳コメント:0│ トラックバック :--
2019/04/01
11:27:43
映画は3本、古い映画もあるけどね。


【南極料理人】
f43ab1d2af3c6ccc3bf6ee2f82c5e5de.jpg

つい先日、ドラマの面白南極料理人が終わりました。
ドラマがものすごく面白くて、最後泣けちゃって。
なのでこの映画、ものすっごく楽しみにしていました。

だけど…
ドラマから見ちゃってドラマの方がよりパロディ色が強くておもしろかったので、映画の方はうーん。
ちょっとだけガッカリしちゃったかな。
でもこの頃の堺雅人がいい男だった。これだけでも満足(笑)



【ステキな金縛り】
131959150511213100sutekina898.jpg


これ2回目です見るの。
でもあまり覚えてなかった(笑)
これにも阿部ちゃん出てるわ~しかも死んだわ~

三谷幸喜のものはやっぱりおもしろい。
草なぎくんのお父さん役がいちばん合わなかったな。



【世界の中心で、愛をさけぶ】
titlesekaityuusi-752.jpg

まぁ名作中の名作ですよ。
でも森山未来だったっけ?長澤まさみだったっけ?
と思ったら、ドラマ版と勘違いしてたみたい。

ストーリーは見なくてもわかってたけど、ドラマ版もちゃんと見たことがなかったみたい。
あらすじわかってても泣けちゃうんですよね…

ほんと、歳のと比例して涙もろくなるものです。




小説読みたいなぁ

Category:テレビ・音楽・ドラマ・映画コメント:0│ トラックバック :--
今日の動き
.
.






プロフィール

☆ねこみみ☆

Author:☆ねこみみ☆
北海道の田舎に住んでるアラフィフおばさんです。
自分の興味のあることや、ネットで調べた疑問なこと、子供のことやシロウト株のことなどをつらつらと書きつづっていきます。
※土日は仕事のため、更新していません※

カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター