2019/11«│ 2019/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/01
21:17:14
おばさん、胃カメラはやったことあるけど大腸内視鏡検査は受けたことなかった。
辛いものが好きでお酒が好き、お肉などのカロリー高いものも好きなので、友人などからは「そろそろ受けたほうがいいよ」って言われてたんですが、なかなか勇気が出なくて避けていました。

だってさ、お尻の穴から器具をいれるなんて。。。
まだこっちはバージンだっていうのに(笑)
それにかなりの苦痛だという話も聞いていたし、下血とか下痢とかもないので自覚症状もないから足が遠のいていました。


しかしながら、今の会社はもうすぐ辞めねばならず、保険証のある今のうちにやれることは全部やってみようという切羽詰まった状況に置かれ、重い腰を上げました。


せっかくなら地元ではなく札幌で。。。と思っていたので、友人からリサーチ。
白石区の病院が有名だというので電話で聞いてみました。

おばさんの要望は唯一つ。
寝ながら(横になるという意味の寝ながらではなく、睡眠薬などで完全に眠りについたまま)検査を受けられるか否か。

友人から教えてもらった病院は睡眠薬を使って眠りながらできるというし、2日かかるけど診察と検査が丁寧だというので決めました。
かなりドキドキ…



【一日目】
15時ころに病院へ。
診察では「今服用している薬はないか」ということをしつこいくらいに聞かれました。

看護婦さんから下剤をもらい、今夜から明日にかけての下剤の説明。
まず今日寝る前に下剤を一本飲みます。
今夜はおかゆや食パン1枚、素のうどんやそばなどをそれぞれ少量ずつ。
おかずは具のない味噌汁・薬味を入れない冷奴などなら食べてもいいと言われました。
具のない味噌汁て…

おばさんは結局、ドラッグストアで購入したパックのおかゆを食べました。
11時ころに就寝。



【二日目】
朝7時から2リットルの下剤スタート。
約200mlを9回前後、10分や30分のインターバルをはさんで飲みまくります。

だいたい4杯目くらいで一回目のおトイレタイム。
まだこの頃は固形が残っています。

しかし5杯目からはしだいに液体となり、6杯目7杯目になることには透明な液体に。
透明になったら途中でやめてもいいとのことでしたが、いちおう12杯まで飲みました。
残りは捨てちゃった。


そして検査です。
お尻に穴のあいたステテコみたいなのを着用、上は長めの病衣。
長めのじゃないとお尻の穴が見えちゃうよねwww


診察室で左側を下にして横になります。
右手には血圧計と右指に心電図の機械を取り付けました。

看護師さんが「それじゃあ痛み止めと睡眠薬(睡眠薬とは言わなかったかもしれない)の注射をしますね」と、左腕に注射をしました。
看護師さん「指先がしびれてきたら教えてね。この薬入ったら胸がドキドキしてくるけど心配しないで」
注射液が入ってきた途端、確かに胸がドキドキというか喉のあたりが締め付けられるような感覚に。

おばさんが「あ、本当に胸がドキドキしてきました」

これがおばさんの最後の言葉でした。




気がつくと、診察台ではない別の場所でぐーすか寝ていました。
本当に検査のことは覚えていないし、診察台からここへ運ばれたことも記憶にありません。
完全に寝落ちです。


1時間くらい経った頃、看護師さんが声をかけてくれましたがまだゾンビ状態。
「それじゃああと30分くらい休んでね」と言われ、再び目を閉じました。
でも一度覚醒してしまったので、その残りの30分は寝付けませんでした。
ただ体がだる重いって感じで。

回復室は男女混合なのかな、麻酔ありの内視鏡やった人がぞくぞくと運ばれてくるみたいで、おじさんのいびきやおばあちゃんのいびきがこだましていて、ぜんぜん眠れませんでした(笑)

再び看護師さんが来て「大丈夫?目が覚めてる?」って聞かれ、まだ休んでいてもいいと言われましたが「いえ、もう眠れないし目はぱっちり開いているので大丈夫です」と伝え、先生の診察を待ちました。


おかげさまで「異常なし、きれいです」と言われ、ポリープなどもなし。
ものすごく安心しました。
そしてそのまま会計して帰宅となりました。



本当は…車の運転NGなんです。
でもそこの病院へは車でないと行けないし、病院からいつもの泊まるところまでは車じゃないと無理なので、こっそり乗って帰りました。
もちろん超安全運転で。

でも思ったよりも頭がクリアになってて、運転は正直差し支えなかったです。
頭の中は「何食べよう」という欲望のみwwww


内視鏡検査の体験談を読むと、男性の意見で一番多かったのが「食事制限と断食」でしたね。
女性は下剤が苦しかったとのこと。

おばさん、食いしん坊だけど空腹で苦しむことはなかったです。
下剤も嫌いな味じゃなかったので、下剤で苦しむこともなかった。


でも昨夜は少量のおかゆ、今日は朝から断食で検査終わったのが16時ちょっと前だったのでお腹が空いてました。
向かった先は…

回転寿司!



しかしながら、いつもは7皿くらい余裕でいけるのに、今日はお寿司3皿とアスパラの天ぷら・お吸い物のみ。
それだけでお腹いっぱい。
下剤効果かな~



検査終わってからは、お腹のぐるぐるとガスのゴロゴロがすごくて、誰もいないところでこっそりとおならしまくっていますw
でももう下痢の症状は一切なく、ゴロゴロぐるぐるだけかな。
下血もないし、本当に検査したのかな?って思うくらい痛みもなく快適な検査でした。


異常なしだったので、今後は5年後くらいにまたやってみようと思います。
いい体験でした。
怖いと思っている人や、苦痛・恥ずかしさで検査を受けてないアラフィフさんは、麻酔や睡眠薬を使ってくれる病院を探してぜひやってみましょう。





Category:調べてみたコメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










今日の動き
.
.






プロフィール

☆ねこみみ☆

Author:☆ねこみみ☆
北海道の田舎に住んでるアラフィフおばさんです。
自分の興味のあることや、ネットで調べた疑問なこと、子供のことやシロウト株のことなどをつらつらと書きつづっていきます。
※土日は仕事のため、更新していません※

カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター