2019/10«│ 2019/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/12
21:16:36
新しい職場に移って約1か月が過ぎました。
最初に上司にガツンと言いたいことを言ったからかな、予想よりも残業がないし居心地が悪いわけでもなく。
なので試用期間は今月いっぱいですが、大きな事件が起こらない限りはこのままがんばろうかなと思い始めています。


人間関係の悩みや不満も今のところないのですが、疲れや緊張が続いているのでしょうね。
ちょっとしたことで口内炎ができてしまう。
免疫力落ち気味…

あと基本的に毎日快便タイプなんですけど、最近油断すると1日や2日出ないときもあったりします。
結果、「ぢ」になることが多くなっちゃいやすいんですよね。

仕事を早く覚えなきゃ、という気負いがストレスになっちゃってる感じです。
まだ一か月なんだよなとは思いますが、やっぱり早く慣れたいですから。

今日も口内炎ができて上唇が血まみれです。
いつになったら楽になれるかなぁ。






スポンサーサイト




Category:雑記帳コメント:0│ トラックバック :--
22:37:49
連休前に友人と居酒屋行ったんですけど、最近のおばさんは一杯目のビールの次はたいていレモンサワーを挟みます。
この時なんてずーっとレモンサワーだった、塩レモンサワー激うまヽ(´∀`)ノ


先日子供とスーパーに買い物に行った時、梅沢 富美男が宣伝しているレモンサワーの素を見つけ試しにと買ってみました。
本当は知人から大量に焼酎をもらったのでレモンかグレープサワーの果汁と炭酸水を買った方が割安だってわかってたんだけど、一回は飲んでみないとわからないし、連休だし!ということで購入。
remonsower_umezawa.jpg



飲んでみてものすごくおいしくて大感激!
家でレモンサワーみたいなのを作る場合、おばさんはいつも氷と焼酎と炭酸を入れてレモン果汁(ポッカレモンのような)を入れて飲んでいました。
でもこれだと居酒屋のような味にならなくてものすごく不満だったんですよね。


今回このレモンサワーの素で作ったところ、なんで今までの自己流レモンサワーがおいしくなかったのかわかったような気がしました。
一番の要因は「甘み」ではないかと。


自分で作ったものは酸味は十分ですが酸っぱいだけで味わいがないんですが、レモンサワーの素は酸味と同じように口に残る甘みがあっておいしいだなって気が付いたのです。

最初高いかな~って思ったけれど、さすがのおばさんでも一日に瓶の五分の一も素を飲まなかったので、コスパもいいと思います。
これ飲んだら自家製で作ろうってちょっと思えないなぁ。
焼酎があと4本くらいあるんだけれど(笑)

久々のヒットでした。おすすめします!







Category:雑記帳コメント:0│ トラックバック :--
22:27:53
札幌の友人が連休で田舎に帰っているのでカラオケに誘われ、久々に集まりました。
おばさんを含めて3人が集まるのは2~3年ぶりかな。
ちょうどおばさんが会社変わったので、その報告と愚痴を聞いてもらいました(笑)


で、田舎にはカラオケボックスはもう3軒しかなくて、そのうちの1軒は連休で休み(その時点でやる気ないよねwww)
もう1軒は料金が高いので、残りの1軒に集まろうということに。


そのカラオケボックスはT&Jというカラオケボックスで、おばさんが高校卒業して19とか20歳の時に1回行ったっきりです。
つい最近までそのカラオケボックスは記憶から消し去られかけていたのですが、娘が「T&Jっていうとこ、めっちゃ安いしいつも行くところより曲がたくさん入ってるんだよ」と聞かされていて「ああ、まだあそこあったんだ…」という程度でした。

今回30年以上ぶりにそこへ行ったんですけど、あまりの廃墟っぽさに驚愕((((;゚Д゚)))))))
うゎ、娘ってこんな建物でも入れちゃうんだ…
お友達と一緒って最強…なんて思って友人を待っていました。


友人も開口一番「ここってさ、来たの30年ぶりくらいだよ」という。
よくよく聞いてみると、どうやら同じメンバーで19か20歳に来たのを最後に今まで来ていなかったことが判明。
あの若かりし日々がよみがえってきた面々であります。


店主の都合により2時間しか時間が取れなかったけど、三人でまぁまぁ歌った。
もう一時間は場所を変えてお茶しながらいろいろおしゃべり。
あっという間だったなぁ。


旦那と子供あり・×1子供あり・既婚子供なしという環境がそれぞれ違う3人の50歳。
話すことは子供のことよりも、自分の健康(更年期とか四十肩とかw)両親のことなど。
30年前にあのカラオケボックスに行った時は恋愛とか仕事のことを話してたんだよなぁ。

おばさんになった私たちよ。
それでもみんながんばって生きているのよね。


今度会う時には老後について話してるのかな。
子供の結婚相手のこととか。
高校から続く大切な友人たち。
ありがとう。






友人の一人はずーっとLISAばっかり歌ってた。
確かアニメ好きじゃないはずなんだけど、どこで知ったのかしら。

Category:雑記帳コメント:0│ トラックバック :--
22:20:14
今月はじめに札幌に行った時、娘が古本屋に行きたいというので何件か立ち寄りました。

そこで10冊購入したら〇〇%OFFみたいなのをやっていて、娘の分とあと数冊購入したら対象になるため、正直「今とっても読みたい本」というのはなかったけど、その数冊のため何か購入しなければ…と小説棚を見て回りました。

おばさん、このブログにも数回同じこと書いてますけども。
別れた元夫の家に回収できなかった愛読書が何十冊もあり、ここ数年どうしても読みたい本は買い直しをしています。

今どうしても読みたい本ではないけれど、手元に置いておきたい本…ということで今回購入したのはこちらです。


まず、新井素子先生のこれ。




そしてこれ。





おしまいの日、これは当時のおばさんにとって画期的な本でした。
主人公の日記をもとにして進む話なんですけど、読者が主人公の日記を盗み読んでいる感覚になるんですよね。
そして主人公が壊れていくさまを一緒に体験しているような。
d006895ddddd9_17435773.jpg


この、明朝体の小説の普通の本が、途中から機械ではなく本当に人間が字を塗り隠したような演出!
これは今でもページを開くと「ぞっとする」気持ちにさせてくれます。

新井素子という作家は自分も言っているけど女性心理や女性が「壊れていく様」の描写がうまい。
おばさんが新井素子をはじめて読んだのは「ひとめあなたに」でした。
そこからハマってほとんど読破しております。
星へ行く船も買いなおしたい。大好きです。



そして「ノルウェイの森」
これを知ったのは実は大っ嫌いな兄です。
兄の本棚に入っていて、手に取るとハルキワールドに引き込まれていたってやつです。


暗い話。
小説が好きだったので映画も見たけどやっぱり暗い話。

十数年ぶりに読み返したけどやっぱり暗い話。
だけど本当に一気に上下巻読破しました。


ノルウェイの森はヒロイン直子の姉・彼氏が自殺しています。
主人公が親しくしていた永沢さんの彼女も自殺。
そして直子が自殺。


人の死というものが重くのしかかる話です。
おばさんが大好きな作家の吉本ばなな先生も死を扱う作家です。

吉本ばななが死を扱う作品を書くことについていろいろ言う人が多いけれど、ノルウェイの森にも書いてましたが生と死は本当に表裏一体なのでしょうがないですよね。
人間、生まれた時から死へのカウントダウンがはじまってるんだから。




古本屋に来てすぐに数冊購入しろと言われて購入したのがこの3冊でした。
でも手元に置きたい本ってやっぱり永遠に変わらないだなぁと実感しました。
昔読んだ本をまた買いなおすって進歩がないなぁとも思うけれど、古本屋とはいえお金を出してまでも手元に置きたい本なんだなぁと。
これが回顧厨ってヤツなんでしょうね(笑)








Category:雑記帳コメント:0│ トラックバック :--
21:31:29
今週から新しい職場に移ったおばさんです。

一週間お世話になりまして感じましたことは


「ちょっとブラック臭がするなぁ」

ということです。


今いる社員やパートさんたち、社長がいないところで社長の悪口ばかり。
社長がワンマンで、しかも自分がものすごく働いているので「社員も俺と同じ、いやそれ以上に働いてくれるのが当然」って思っているフシがある。

しかも仕事と社員の数があってない。
激務すぎ、仕事とりすぎ。
それでいてワンマンンなので社員を育てるの下手すぎ。



うーん。


もう年金とか保険とかの申請もしてもらってしまったし、すぐ辞めるということはこの年でしたくないし。
おばさんは言いたいことははっきり言うタイプなので、嫌なことやハロワ以外のことを要求されたらきっぱり断るし。

事務の人は急務らしく、社長も奥さんもパソコンできず事務は立場有利らしいので嫌な要求されたら言い返す予定です。
それで文句言われたら辞めましょう。

50で正社員は厳しいけれど、嫌な仕事をストレスMAXでやっても続かん。
おばさんなので強気で行きますわ。



ああ、でもちょっと憂鬱。

いままでいた会社は給料がめちゃくちゃ安かったけど、融通が利いたしストレスなかった。
世の中うまくできてます。







Category:雑記帳コメント:0│ トラックバック :--
今日の動き
.
.






プロフィール

☆ねこみみ☆

Author:☆ねこみみ☆
北海道の田舎に住んでるアラフィフおばさんです。
自分の興味のあることや、ネットで調べた疑問なこと、子供のことやシロウト株のことなどをつらつらと書きつづっていきます。
※土日は仕事のため、更新していません※

カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター